スイスの時計についてのこと 森下信行のブログ

ラング&ハイネ マルコ・ラングが最後に残したユニークピース

バーゼルワールドで、イエンス・シュナイダー氏の開発部長への就任と創業者マルコ・ラングがブランドを去る決断をしたことをお伝えしたラング&ハイネ(LANG & HEYNE)。

イエンスがプロデュースした作品が登場するのにはもう少し時間がかかりそうですが、マルコがブランドを去る直前に最後に取り組んでいたプロジェクトが1年越しで完成し、マルコと個人的にも親しいオーナー氏のご厚意、そして何よりもマルコ自体が集大成のような作品を知ってほしい…という希望で拝見させていただきましたので、レポートします。

いつもの”オープン回し者”活動の場所、恵比寿のノーブルスタイリングギャラリーへ。

ブルースチールのカテドラル針、ローマンインデックスという意匠は同社のヨハン(Johann)を思わせますが、よく見るとスモールセコンドがありません。
そして、短針に重なっていますが何か長い針が…?

センターセコンド!
ラング&ハイネのレギュラーモデルでスモールセコンドを持たず、センターセコンドを持つのはルモントワールによるステップセコンドを持つキャリバーVのみですが、このピースはそれをベースにコンラートにあったアンテログラーデ(前方ジャンプ)カレンダーを完全に除去した新ムーブメントです。

スーパーコピー時計通販、最高級ブランド時計コピーは品質2年無料保証です。NOOB製スーパーコピー腕時計のみ取り扱っていますので、品質がより安定してます。日本人経営の信頼できるサイトです。連絡先:050-4560-1404。  

Tags:

发布: adminxsxs 分类: 腕時計news 评论: 0 浏览: 0
留言列表