スイスの時計についてのこと 森下信行のブログ

ジャークのドイツの羅樹の紋様の瑪瑙の35ミリメートルの頃の小針皿

寓意の長寿で、安泰で繁栄している宝石


木の紋様の瑪瑙は樹枝状のしわあるいは蘚苔形の筋模様(木の紋様と称する)の石の髄を含んでいるのです。それはブラジル、インド、マダガスカル、米国、メキシコとカザフスタンに分布します。ロシアの有名な真珠や宝石の大家のカール・法の貝の暑い(Carl Fabergé)はこのような宝石を有効に使ってダイヤモンドとそれの宝石によく合います。ロシアで、このような宝石の寓意は長寿で、安泰で繁栄していて、きわめて尊重を受けます。木の紋様は酸化鉄あるいはマンガンため物を含んでいって石の髄の内部の結晶でなります。抽象的な意味の上から、このような紋様は互いに生長あるいは変化を象徴します。


ジャークのドイツの羅樹の紋様の瑪瑙の35ミリメートルの頃の小針皿の時計の文字盤の上で、木の紋様の瑪瑙の天然美の態は勝手に成長して、光芒、色は深い感と変化がめまぐるしくて、ジャークの独ルーマニアの独特な芸術の美感は鉱石の中で昇華に解け合って、並外れている美学の境界に達します。


Tags:

发布: adminxsxs 分类: 腕時計news 评论: 0 浏览: 1
留言列表