スイスの時計についてのこと 森下信行のブログ

職場の「生肉」ガイド、新入社のあなたはどんな時計をつけるべきですか?

「年少で遊んで、惜しいことを知らない。」これらの初めての職場での目板の印象は、新人には十分な信頼が得られないようだ。確かに、青々としたイメージは、処事と勝手に等号を画しやすく、情熱を誤読させることも可能である。しかし、外在的な変化は、意外にも好感度を上げることができる。負け物のシーズンに洋服の半分を取り替えるつもりで、もっと品質のあるスーツのシャツを手に入れているということで、カシオのTiIC Eも職場新人の「エリート攻略」で、EFB - 560シリーズから印象を重くしている。

男の子から男までの変貌を果たし、自信の積み重ねが必要で、安定した空気が必要です。一方の金属腕時計スーパーコピー時計は、ちょうど熟成と鋭いバランスを持っている。それはただあなたの生活の品質の写照だけではなくて、またあなたにとても時間の観念があって、落ち着いて信頼できる。

洗練された洗練されたタイプで、シンプルかつデザイン感があり、EFB - 560シリーズが発売されると大きな縁がある。3つの時計はすべて動感のあるレーサーを設計するためにインスピレーションを設計して、大きい表盤は計器をまねて設計した3つの機能性の小さい表盤を合わせて、1人の若いエリートは成功の勢いに対する野心に対して、金属の質感は内が収束して冷静な別の一面を発射します。

このような抜群の顔値は、コーディネートにも余裕がある。1枚のフィロンの味の十分な格紋のスーツ、あるいは1件の拡散した形の尼の毛のコートで、簡潔なワイシャツを配合して、低調はまた高級です。オフィスもビジネス会も使い、より余裕のある優雅な自信を放つ。それと同時に、EFB - 560 SBD - 1 A、観覧感のあるEFB - 560 SBD - 2 A、そして文芸的なEFB - 560 SB - 1 Aと、三つの腕時計にそれぞれの気質の魅力がある。


Tags:

发布: adminxsxs 分类: 腕時計news 评论: 0 浏览: 1
留言列表