スイスの時計についてのこと 森下信行のブログ

保護と伝承、故宮の精巧なエナメル腕時計が発表された

2015年じゅう月25日、「故宮博物館- 90週年時計〕発表会見が故宮博物館で開催。発表会には、時計界、文化界の複数の専門家、学者、コレクターのを目撃した今回の発表した「愛のかたまり龍鳳」や「太和無象」2項の美しいエナメル腕時計。

故宮博物館は今の国内、ひいては世界に収蔵中国古代金属胎(主に銅も兼や金や銀の胎者)エナメル器の数が最も多い地方。共収蔵から元代清代になると、民国の時期の金属エナメル器が6000件で、このうち掐丝エナメル器は4000件、画エナメル器2000件、種類がそろっていて、除掐丝エナメル器や絵のエナメル器の両の大きい種類のほかに、また少ない部分のたがね胎エナメル器、ハンマー胎エナメル器、透明なエナメル器や、1件のエナメル器にふたつの制作技術の作品。これらの作品を表現した内廷しようで、広東、西洋や、中洋折衷などの異なるスタイルが特徴で、用途が広く、関連の宮殿の調度、宗教祭り、殿内の建築装飾、および日常生活の各方面は研究中国古代金属胎エナメル器の貴重な実物の資料。

今回の故宮文創チーム宮廷文化を頼りに、选取竜、鳳など伝統的な文化の要素は、結合伝統と革新のエナメル技術、共同で世界トップクラスのエナメル腕時計大師、設計、生産、製作したエナメル腕時計のシリーズの製品だけでなく、故宮博物館を記念に立90週年、更に中国にエナメル芸術や工芸に敬意を表する。希望は、この製品の研究開発を保護することができる、伝承を発揚する中国の悠久のエナメル工芸の職人、伝統精神再び手に煥発。


Tags:

发布: adminxsxs 分类: 腕時計news 评论: 0 浏览: 2
留言列表