スイスの時計についてのこと 森下信行のブログ

アテネ表発売吉祥おめでたの『鎏金灵猴腕時計』

サルは活発で活動的で、生まれつきいたずらして、すべてのことに対して好奇心があふれています。聡明だし、器用で力強い、中国の十二支の中で9位の動物である。迎える中国申年、スイスアテネ表Classico鎏金新しい時計シリーズ発売『鎏金灵猴腕時計』。腕時計の文字盤デザインひらめきの漫画の色は現在、猿の最高の神髄。文字盤の中央はポイント、サル体軽く、ひょいと一躍飛び込みこんもりしたるヤシ林は、動作が敏捷。表情は生き生きしているが、いつも身近なものを警戒しているようだ。この鮮やかな画面がエナメル師運用で埋めエナメル工芸(champlev E)を腕時計注入命。

内記入エナメル工芸は稀有なエナメル技術、今世界は極めて少数師専門の制作。その製造方法は直接鑿でダイヤルする必要に塗る地域、そして埋めるエナメル溶液。色違い色調は異なる金属酸化物から抽出したもので、この時計は採用の中性色調。その後、文字盤が高温で焼くまでエナメル镕化。

アテネ表採用エナメル工芸制作文字盤は25年以上も、今少数を専門にしてこの百年工芸のタブブランドの一つ。Donz E Cadransはアテネ表会社グループのメンバーで、もっぱら時計工場制作エナメル文字盤。


Tags:

发布: adminxsxs 分类: 腕時計news 评论: 0 浏览: 0
留言列表