スイスの時計についてのこと 森下信行のブログ

「超薄型」という競技は挑発か挑戦か

 数年前、スイスで侏山地の奥にある仙子伯爵は、製表師の動きが今の思い出に至るまで、レンズ感に満ちている。当時のある国内の時計編集、工場内の通路にこの時計職人(彼は伯爵の仕事よんじゅう年ぶりに「もし日人)を超えたあなた達、あなた達はもう薄型の代名詞では、そのときどうしますか?」あの老人は前で歩いて、耳に伝えたこの言葉を翻訳した後、彼は急に止まって、原色のあの編集を見て「俺たちは永遠のタブ業薄型の指導者であれば、日のその他のブランドを超えた私たちは、私たちはさらに努力し、それより薄いムーブメントを作り出すこと!」実は超薄型の競争で、ブランドは独走の技術と信念を持っていない。

留言列表