スイスの時計についてのこと 森下信行のブログ

ヴィクトワールのかぎりなく広がる創造の世界と、クリエイション

 

1998年、ディオール ファイン ジュエリーのアーティスティック ディレクターに就任したヴィクトワール ドゥ カステラーヌ。ポップカルチャーや花などの自然モチーフ、ボリウッド(インド映画の制作中心地であるムンバイの俗称)の過激なビジュアルなどをインスピレーション源にして作られる彼女のジュエリーは、つねに遊び心が溢れ、空想的な別世界を想像させるデザイン。このヴィクトワールによって、ハイジュエリーの世界に大きな変革がもたらされたといっても過言ではないほど。

今回、この芸術品ともいえるようなジュエリーの数かずを紹介した初の写真集『DIOR JOAILLERIE』がついに発行された。ヴィクトワールの才気溢れる創造性の秘密を探ることのできる一冊となっている。